トップページ

沢田けいじ / Keiji Sawada
– 立憲民主党 / 文京区議会議員 / 保育士 / 防災士

子育てや教育・保育、まちづくりや地域活動に携わるなかで、誰もが共に生きる社会の実現には、暮らしと文化の再建が不可欠と確信しました。
「地方自治は民主主義の学校」という言葉のとおり、地方自治は共生社会の基盤であり、最後の砦です。
暮らしの基盤である地域と、文化の基盤である教育を現場から立て直し、世代を超えてまちぐるみで支え合い、学び合い、「お互いさま」と「大好き」があふれるまちをつくる、これが私のテーマです。

■基本政策

1. 世代をつなぐ

<支え合いで世代をつなぐ>
– 多世代協働でまちぐるみの持続可能な社会教育システムを作ります。
– 地域の核として学校施設を整備し、避難所の防災機能を向上します。

<学び合いで世代をつなぐ>
– 学校・社会教育の融合で、世代を超えて学びのまちづくりを進めます。
– 地域の教育力を結集・組織し、学校との協働と役割分担を進めます。

2. 現場を支える

<子育て・教育の現場を支える>
– 多様な保育・教育ニーズに対応し、子どもの貧困・虐待対策を進めます。
– 保育士や教員の働き方改革を進め、処遇と資質・能力を向上します。

<健康・福祉の現場を支える>
– まちぐるみで健康格差を解消し、地域のウェルビーイングを向上します。
– 地域包括ケアにより、住み慣れた家でずっと暮らせるまちを作ります。

3. 文化をはぐくむ

<生活の文化をはぐくむ>
– まちぐるみで生活文化資源を保全活用し、地域の課題を解決します。
– 避難所単位で地域の自主防災・防犯組織を核としたまちを作ります。

<自治の文化を育む>
– まちぐるみで主権者教育を進め、民主的な地方自治文化を作ります。
– 住民や専門家と協働の政策立案と政策形成過程への参画を進めます。

プロフィール

保育士 / 防災士 / 3児の父 / 40歳
1979年 愛媛県松山市生まれ。愛光学園高校卒業、東京大学農学部卒業、同大学院修士課程修了。
都内の保育園・こども園に勤務し、保育士・園長として保育士の育成や学校・地域との連携を担うほか、父母の会やPTA、NPO、町会などでまちづくりや地域活動に携わる。
学生時代から文京区の下町の長屋に暮らし、ブラタモリ「日本の住宅」(NHK)にも出演。
家族は妻と息子3人(幼・小・中)の5人。

※生い立ちからこれまでについては、こちらのインタビュー記事をご覧ください。
“プロフィール” の続きを読む

ブログ

インタビュー

子どもたちが当たり前に政治を志せる社会をつくるために

文京区は、豊かな歴史や文化と都心の利便性という魅力を併せ持つ一方、都市開発や人口構造の変化によるさまざまな課題も抱えています。

4月の区議選で立憲民主党の公認を得て当選した 沢田けいじ さんは、東京大学大学院を修了後、保育士として保育園やこども園で働きながら路地裏の長屋で3人の子どもを育て、防災士として町会やNPOで地域活動やまちづくりに取り組んできました。

地域と教育を現場から支え、立て直すために区政に挑戦する沢田さんに、これまでの道のりと政治にかける思いを聞きました。

“インタビュー” の続きを読む

応援メッセージ

私たちが応援します

■枝野幸男 衆議院議員 / 立憲民主党代表
私たちが目指すのは、日本に真の草の根民主主義をつくりだすこと。そして、現場の切実な声に根ざした政治を実現することです。この社会に生きる多様な人たちとつながり、ボトムアップで新たな未来のビジョンを描きたい。本当の変化は、必ず小さな声から始まります。沢田けいじさんとともに新たな挑戦を始めましょう。文京区を変える。あなたの力が必要です。

■松尾あきひろ 立憲民主党東京2区総支部長
東京大学大学院を修了後、保育の現場で15年という、異色の経歴を持つ沢田さん。優しい表情の裏に強い信念を持ち、共働きで3人の子どもを育てながら、保育園、幼稚園、小学校、NPO、町会など地域の全てに関わる子育て世代の代表でもあります。子どもたちへの溢れる愛情と、未来への飽くなき情熱で、必ず文京区をリードしてくれると確信しています。勤勉で誠実な人柄そのままの真っ直ぐな挑戦に、私の思いを託します。

■渡辺まさし 文京区議会議員
故郷を遠く離れ、たどり着いたこの町で一から縁を紡ぎ、人一倍の努力を重ねてきた沢田さん。ときに生まれ育った私たち以上の熱い想いで、町のために奔走し、献身的に働いてきました。先人達が積み上げてきた歴史と伝統への愛情と敬意が、沢田さんの最大のエネルギー源です。保育・教育、子育て、防災、暮らし、まちづくり…あくまでも現場にこだわり、動き、動かし、そして、答えを出す。文京区の未来のために、がんばれ!